読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

North-Geek

North-Geek(ノース・ギーク) 北海道札幌市在住のWebプログラマー・エンジニア

北海道札幌在住のWebプログラマーのブログです。

Webサイトやブログにおいて目次と見出しが重要すぎる理由

Webデザイン blog

f:id:northgeek:20160319232111j:plain

今日は見出しと目次についての重要性について書こうと思う。

先日下記の「ブログの無意味な「目次」と「見出し」は見苦しい」という記事を目にした。

 

しかも360ブクマを超えるほどバズっているのである。ということは、見苦しいと思っている人はかなりの人数がいるということだ。

Web屋の僕から言わせるとそれは間違っていると断言しよう。目次も見出しも合った方が絶対に良い。ではなぜ目次と見出しはあった方が良いのかを説明していく。

目次と見出しの重要性について

WebデザイナーやフロントエンドエンジニアなどWebに詳しい人なら目次・見出しの重要性を理解しているとおもう。しかしWebに詳しくない人は見苦しいと思ってしまうのも理解出来る。邪魔だと思う人もいるかもしれない。

Webを利用する人は様々なため、ブログやWebサイトはユニバーサルデザインで作る必要がある。

ユニバーサルデザインとは老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができること

waic.jp


  • 目が見えないユーザー
  • 耳が聞こえないユーザー
  • 手足が不自由なユーザー
  • 老人のユーザー

ざっと上げただけでも様々なユーザーがいることがわかる。現在社会においてWebというものは必需品と言っても過言ではない。まずはそのことを念頭において読み進めてほしい。

目次があるとリンクで飛べる

目次を設置することによって、あるブロックまでリンクを辿って飛ぶことが出来る。最近では1ページ1ページが縦に長いページが流行していたり、ブログでも長いページがたくさんある。下までスクロールせずにページの冒頭で、ページの概要を知ることが出来る唯一の手段が目次なのだ。それは健常者にとっても、わざわざ下までスクロールしなくて、ページの冒頭でページの概要を把握することが可能となる。

不自由な人には必需品

ページの概要を知ることが出来るのは、健常者にとっても助かる機能である。しかし体が不自由な人にとってはさらに有効な機能となる。不自由な方と言葉にすればひとつだが、例えば下記のようなユーザーがいる。

  • マウスが使えずキーボードのみで操作しているユーザー
  • 手が不自由で口で操作しているユーザー
  • クリックしか出来ないユーザー
  • 目が見えず音声を読み上げソフトでWebを利用しているユーザー

など挙げれば切りがないほど、Webを利用するユーザーは本当にさまざまだ。そういったユーザーのためにも目次は大切なのである。

具体的に目次があると何が便利なのか

例えば、クリックしか出来ないユーザーの場合は、ページをスクロールすることが出来ず、ページ下部まで移動するのに大変時間がかかってしまう。しかし、目次があれば希望のタイトルをクリックするだけで移動可能になる。それは健常者にはわからないかもしれないが、とても便利なものに違いない。

文章が短い場合は必要ないかもしれないが目次を設置した方が、健常者にとってもそうでないユーザーにとっても有効な機能となる。

参考URL

目次についての具体的な内容が下記に載っていますので、興味のある方はどうぞ。

G64: 目次を提供する|WCAG 2.0 実装方法集


見出しがあると斜め読みが出来る

視覚に障害があり音声読み上げソフトを利用しているユーザーにとって見出しは大変便利なものである。見出しがあるとページの先頭で、ページにある見出しを、目次のように読んでくれる機能があるためだ。

例えばページ見出しのみを読んで、気になる見出しがあれば該当の見出しがあるブロックまで飛ぶことも可能なのだ。すべての文書を読み、ページの概要を把握しなくてもページの構成を理解することが出来るため、見出しを設置することは大変便利で有効なものになる。

もちろん健常者にとっても見出しがあると、スクロールしつつ見出しのみを読んでいき、気になった見出し部分のブロックを呼んだりすることができる。SEOに対策にもなったり、読み手に良いページになったりと見出しを設置することは一石二鳥なのである。

参考URL

見出しについての具体的な内容が下記に載っていますので、興味のある方はどうぞ。

G141: 見出しを用いてウェブページを構造化する|WCAG 2.0 実装方法集
G141: 見出しを用いてウェブページを構造化する|WCAG 2.0 実装方法集


さいごに

いかがでしたでしょうか。目次と見出しを設置することの重要性を理解いただけたでしょうか。

たしかに短いページや日記のような記事の場合は目次が見出しがなくても良いと思うときもあるかもしれない、ただWebを利用している人は健常者だけではないということを頭の片隅に置いておいてほしい。

Copyright© North-Geek All Rights Reserved.