読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

North-Geek

North-Geek(ノース・ギーク) 北海道札幌市在住のWebプログラマー・エンジニア

北海道札幌在住のWebプログラマーのブログです。

北海道札幌在住の地方プログラマーが年収を公開しつつ地方の給料モデルを紹介

プログラミング

f:id:northgeek:20151213144659j:plain

地方のIT事情や勤務状況でお伝えしたいことはたくさんあるのですが、今回は給料・収入の話をしよう思います。

なぜ給料の話をするのか

北海道の街は毎年、函館・札幌・小樽あたりが魅力的な街ランキングの上位に入ることが多いと思います。また、「地方移住」がここ数年流行っていますよね。

参考:http://resemom.jp/article/2015/09/30/27118.html

ただ、実際に移住するとしても収入ってどうなんだろう?という疑問を持つ方がほとんどではないでしょうか。 そのため、札幌でエンジニアとして働いている私がリアルなお金のお話を出来ればと思いました。

Advent Calendarの企画で地方プログラマーがありましたので、この機会にぜひ書きたいと思います。

国内のプログラマーの年収

平成26年 プログラマーの平均年収:426万円

平均年収 426万円
平均月収 31万円
平均時給 1,699円
年間ボーナス等 56万円
平均年齢 32.4歳
平均勤続年数 7.4年
復元労働者数 86,820人
総労働時間 181時間/月
男性平均年収 435万円
女性平均年収 381万円
男性割合 83.1%
女性割合 16.9%

およそ月給26万、賞与50万x2回、これは全国平均なので首都圏の年収は+60万〜100万くらいでしょうか。
平均年齢が32歳ということを考えるとあまり高くはないですよね。(というか日本のプログラマーは給料が少ない・・)

では次に北海道札幌の場合の年収を実体験を元に書いていきます。

北海道(札幌)のプログラマーの年収(私の場合)

アラサーの私は今まで3つの会社でプログラマー・エンジニアとして勤務をしていましたので、それぞれ給料・年収を紹介していきたいと思います。

1社目:業務系システム開発会社

新卒で入社した会社は、規模数40人ほどの中小企業でした。地方に多くみられる創業20年ほどで40代前後の社員が多い会社です。
教育も特になく自分で調べてやってねーという感じの会社で、毎年新卒を1〜2人くらいは採用していたと思います。

業務内容は、業務系システムの開発がメインでプログラミング言語はVB・C・PHPが多かったです。

社員は全員がプログラマーでしたが、僕はいわゆる何でも屋でした。プログラミングもするし、お客さんのところも行くし、打ち合わせもします。

さて、気になる給料ですが1年目は「月給20万+残業手当」、昇給は年に5000円ほど。ボーナスに関しては、たしか1ヶ月分ほどだったと思います。今思うと1年目にしてはそこそこ良かったと思います。

3年目まではだいたい年収300万ほどでした。4年目以降は残業代がなしになる代わりに固定給がグーンと上がり、「月給25万(残業手当なし)」、昇給は年によりますが5000〜10000ほど。

そしてボーナスは、1.5〜2ヶ月分は出ていたと思います。年収にしておよそ400万前後でした。24歳にしてプログラマーの平均年収に届くほど稼いていました。 (ちなみにこの会社が過去最高の年収です。)

2社目:Webサイト制作会社

なぜかWebデザイナーという響きにすごく憧れみたいなものがあって、WEB制作会社に転職をしました。しかし、噂どおり安月給の上、労働時間はすごかったです。規模は10人くらいの創業4年ほどの会社でした。

仕事の内容は、WEBデザインをすることはほとんどなく(デザインはデザイナーがやってました)、HTML・CSS・jQueryを使ってWEBサイトのコーディングがメインの仕事となりました。あとはCMS(WordPressやMT)のカスタマイズが多かったですね。やはりWEBはプログラミングがあまり入らないので、1件1件の単価が安く数をこなさなくてはならず、仕事量が半端じゃなかったです。

さて、肝心なWEB屋の給料ですが「月給19万+残業手当なし」・・。大事なことなのでもう1回言います、、「月給19万+残業ナシ」・・ええ、もうそりゃ辛かったですよ。
帰宅時間は終電で帰れたら良い方でしたね。今思うと新卒時代の給料より安いんですね・・。

2年目からは少し上がります、「月給23万+残業手当なし」、それでも勤務時間が長いことを考えると安月給でした。ボーナスは年1回(1ヶ月分+α)です。
年収は、300万くらいだったかと思います。

みなさんWEBデザイン会社に転職するときは、給料と勤務時間には注意した方が良いでしょう。プログラマーの基準での給料は通用しないです。また、プログラミングを知らないので、気軽にアプリ作ってとか言われたりと、びっくりしたことは何度かありました。

3社目:WEB・アプリ開発会社

東京に本社の札幌支店勤務(本当は函館の協力会社へ行きたい)で、規模は札幌では大きめとなる従業員が170人くらいの創業15年前後の会社になります。メインは2次3次の受託開発です。よくあるシステム開発会社を想像すると当てはまると思います。アプリ開発もあればWEBサイトコーディングもあり、サーバー構築業務など多種多様です。よくある会社なので、見ている人が今働いている会社と1番比較しやすいのではないでしょうか。

業務が多種多様に渡るため、プログラミング言語はC、Java、ruby、PHP、Swift、JavaScriptなどいろいろです。

さて、お給料ですが「月給26万+残業手当あり」です、残業は案件によりますが多くはないです、平均すると月20時間くらいでしょうか。そしてボーナスは「2ヶ月x年1回」です。年収にすると360万ほどです。
あまり良い給料ではなく、これが北海道の現状かなと思います。

4社目:WEBシステム開発会社

札幌にある創業10年前後の会社になります。メインはRuby・PHPを使用したWebシステム開発です。社員は15名前後の規模です。人数が多くないので社員同士は割と仲が良い方だと思います、気楽ですね。

さて、お給料ですが「月給32万+残業手当なし」です、残業はやはり納品前になると多くなる傾向があります、平均すると月20時間くらいでしょうか。ボーナスは「なし」です。年収にすると372万です。
まあ、北海道の平均ですね。

北海道(札幌)ではどういう会社の給料が高いのか?

札幌のIT企業は横のつながりが強く知り合いもたくさんおり、また現在の会社に勤務する際に、多くの会社へ面接に行きました。それを踏まえてどのような会社の給料が高いのかを紹介していこうと思います。

給料が良い会社の条件

  • 創業20年前後
  • 平均年齢が高
  • 従業員規模が20〜30人
  • 社長が元プログラマー
  • 行政系・医療系システム開発
  • 自社の強みがある(自社パッケージなどあれば尚良)

私の経験上、上記に当てはまる会社は割りと地方でも給料が高いです。(当てはまっても安い会社はあると思いますが)
私がいた1社目の会社は今上げた項目がいくつか該当します。

好条件で転職するには

マネジメント力があれば会社に関係なく好条件で転職出来る可能性はあります。いろいろな会社を見てきましたがマネジメント力がある人材が、北海道では不足している傾向があります

よく、北海道のITは人材不足だという人がいますが、私はそうは思いません。プログラミングが出来る人は割とたくさんいると思いますが、マネジメントが出来る人は、どの会社でも少ない。そのためプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーが出来るスキルがあれば好条件で転職は出来るのではないかと思います。

ただし、これからはプロジェクトマネージャー職やSierなどの仕事は減少してくると、個人的には思っています。脱線してしまうのでそれはまた別の機会にブログで書こうと思います。

まとめ

地方プログラマーの年収事情を赤裸々に書いてみました。他にも書きたいことはあったのですが、転職するにしても地方に移住するにしてもやっぱりお金のことは気になりますよね。

転職を考えている方、地方移住を考えいる方向けにこの記事が参考になればと思います。相談などがあれば乗ることも出来ますので、気軽にコメントなどしていただければと思います。

また、地方エンジニアのことや北海道札幌のことについて記事を書いていこうと思いますので、ブクマなどFBなどシェアしていただけると幸いです。

ツイッターは開設予定ですのでしばしお待ち下さい。

Copyright© North-Geek All Rights Reserved.