読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

North-Geek

North-Geek(ノース・ギーク) 北海道札幌市在住のWebプログラマー・エンジニア

北海道札幌在住のWebプログラマーのブログです。

ブログに赤文字を使わないで欲しい3つの理由

Webデザイン

f:id:northgeek:20160313104326j:plain

こんにちは!よくブログでこういう赤文字を使ってる人いますが、辞めませんか?

なんで赤文字を使ったらダメなの?と思うっている方がほとんどだと思います。辞めて欲しい理由は全部で3つあります。

普通に見づらい、読みづらい

普通に見づらくないないですか?可読性悪いですよね。

もし赤文字を使用したいのであれば、このくらいの赤を使用しましょう。

赤文字と濃い赤文字で書きましたが、明らかに濃い赤文字の方が読みやすいですよね。また、視覚に障害のある方や色盲の方は明るい赤文字が見えない場合があります。

視覚に障害がなくても可読性が良くないですよね。なんか目がチカチカしますし。


センスがない

まあ...読みづらいっていうのもありますが、単純にセンスがありません。Windowsの昔のWordやExcelにあった標準のカラーパレットにもある色ですが、昔のWordで作られた資料って色のまとまりがなかったりしますよね。

また、もし文字を強調したいなら蛍光ペンの方が流行っています。

www.north-geek.com



国や自治体を中心に取り組んでいる

Webアクセシビリティという言葉を聞いたことありますでしょうか?簡単に言うと、Webサイトを制作するときは、高齢者や障害者に配慮したを作りや構成にするという取り組みです。日本工業標準規格JISで基準が策定されていて、国や自治体が率先して取り組んでいます。

色に関してはJIS X8341-3:2010「7.1.4.3 最低限のコントラストに関する達成基準」という項目があり、自治体が運営するサイトは準拠する必要があります。(まだまだ準拠していないサイトが多いですが・・)

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/w_access/pdf/index_02_01.pdf



さいごに

いかかがでしたでしょうか。「見づらい」「ダサい」「JISが基準を策定している」の3つが赤文字を辞めて欲しい理由でした。

みなさんもし赤文字を使用しているなら、蛍光ペンを使用する、もしくは暗めの赤を使うようにしましょう。

Copyright© North-Geek All Rights Reserved.